So-net無料ブログ作成

ゆるゆると大掃除 [掃除]

20081107.jpg洗剤の刺激で手湿疹になって、水疱ができることが以前から時折ありました。それが去年はちょっとでも洗剤に触れようものならすぐに水疱ができるようになってしまい、夏でもゴム手袋をしなければいけない状態でした。全成分植物&ミネラル由来でほ乳瓶洗いもOKという食器用洗剤を使っていたのですがこれも駄目。とにかく、品名に「合成洗剤」とあるのはすべて駄目になってしまいました。
洗剤は駄目でも石鹸なら大丈夫なので、食器はミヨシの無添加食器洗いせっけんに替え、住居用洗剤は、中一メディカルのナチュラルウォッシュジュニア(写真)に替えました。壁も床も窓も風呂も全部コレで掃除。そうして1年が過ぎ、今は少しくらいなら洗剤に触れても大丈夫になりました。うれしい[exclamation]
でももう合成洗剤を普段に使うのはやめることにしました。重曹とクエン酸も重宝してます。

今日は立冬。そろそろ大掃除を始めます。気温と湿度を考えて、半年に1度の掃除を5月と11月、1年に1度の掃除は11月にしています。12月は寒くて(笑)。もっとも1年に1度の掃除って、家具の後ろとか、換気扇とかその程度なんですけどネ。
ちなみに今日は、洗濯機の槽洗浄をしました。時間はかかるけど、ほっておけばいいので、一番楽(笑)。普段重曹を使っているのに、こういうときはカビキラーの洗たく槽クリーナーを使います[あせあせ(飛び散る汗)]1年に1度でも、とくになにかが浮くわけでもなく、キレイになったという感じもしなくて全く張り合いがないんですが、全然しないのも不安で。ちょっとは違う‥‥ハズ?
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

凛花

 少し状況が改善されたようで、よかったですね!
いつだったか、れんげちゃんに教わって以来、重曹は重宝しています。

 冬は、指の皮膚が自己切れをおこし、ボロボロ裂けて血が滲み出てくるので、私もこれから暫く憂鬱です。牛蒡や里芋を扱ったり、土をいじっているとひび割れの皮膚の中に土が入り込んで取れず(涙)、着替えで思わぬ失敗も…薬やクリームは効かないので、絆創膏を幾つか貼りますが恥ずかしくて。
 水・湯を使わないと(家事をしなければ)緩和されるのですが、しない訳にはいかないですしね(苦笑)。
 家人は透明の薄いビニール手袋をして家事をすればとノタマウので、今年はそうしてみようかと思っています。

>細かいのは大変
 御意。
 パズルの細かいピース1つとか、レゴの動物が1匹見えなくなっただけで大騒ぎ(笑)。
 逆に思わぬこともしてくれて。茨木さんの詩集や小津さんや歌舞伎のDVDがない! と思ってこちらが探していると、魔法の呪文本にして叩いていたり、隠していたりします(ムムム)。
 そういえば、先日、江戸博の浮世絵展を観に行き、ショップに助六風のミニミニ食玩具があって、迷いましたが今回は見送りました(笑)。


by 凛花 (2008-11-12 23:36) 

れんげ

そうそう、冬は絆創膏だらけの指になるよね。食べ物や衣服やタオルに血がつくと悲しいし。使い捨て手袋なしの生活はできません。
オススメはクアラテック手袋 (パウダーフリー)です。100枚単位の箱でしか売っていないような気がするので、試しに2枚郵送しようか?後日メールします。

魔法の呪文本!かわいい!親は困るけど(笑)。


by れんげ (2008-11-14 01:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。