So-net無料ブログ作成
検索選択

dynabook G9 の分解掃除 [PCのこととか]

ワタシのDynabook G9ちゃん、去年、使っていると異様に熱くなって電源が落ちるようになってしまったので、修理に出しました。CPUファンを交換してもらってもどってきたのだけど、今年になってまた同じような現象が‥。
去年は、DVDマルチドライブも交換して欲しかったので修理に出したけれど、今回は自分で分解してCPUファンとヒートシンクをお掃除することにしました。
(以下は、あくまで参考ですので、同じことをされる方は自己責任でお願いしますネ)

電源ケーブルを抜いて、バッテリーをはずしてから、裏側のネジを全部はずします。ネジの近くにF5とかB20とか識別子が書いてあるので、これとネジの対応がちゃんととれるようにしておきます。HDDベイの内側にもネジがある(HDDをもちあげるとその下にある)ので、それもはずします。それから、無線LANのMini-PCI Cardにつながっている黒と白のケーブルもはずしておきます。

次にキーボードをはずします。
20081113-1.jpg
上の写真の赤い丸印のところに爪をひっかけてパネルをはがします。いつも割れそうだなと思うけれど、まだ割ったことはありません。(^^;
そうして見えるネジをはずして、フラットケーブルをはずして‥。

キーボードをはずしたら、そこから見えるネジも全部はずして、フラットケーブルやコネクタも抜いていきます。さきほどはずした無線LANのケーブルもこちら側から抜き取ります。
そうしたら、青い縁の下に爪をいれて、そうっとはずします。下の写真は、2枚に下ろしたところ。
20081113-2.jpgファンはそこそこキレイでしたが、ヒートシンクとファンの隙間(赤い丸印のところ)に、綿ゴミがびっしり。ヒートシンクのネジをとって、それをキレイにしました。

あとはもとに戻すだけ。裏側のネジを全部戻す前に、電源を入れてブートするか確認しました。
この瞬間が一番緊張します。linuxでカーネルを再構築したらブートしなかった、とか、ヒートシンクの取り付け方がまずくてブートしてもすぐ電源が落ちちゃうとか、過去に何度か失敗しているワタシなので。(^^;
そうしてブートして、普通に使えそうなことを確認してから裏側のネジを完全に元にもどしました。

とりあえずこれでCPU温度の上昇が抑えられるようになりました。ヨカッタヨカッタ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

ハマさん

家電製品とかカメラとか、新しく買ってもらったのを
一回、蓋をあけて中を確認したりした子どものころを思い出します。

双子さんたちが、この楽しみを覚えて、
実行し始めることがあったらちょっと大変かもしれませんね。
by ハマさん (2008-11-15 00:21) 

れんげ

中をバラして見てみるのはとっても楽しいですよね♪
ハマさんもやはりそうなのですね。
双子も遅かれ早かれその楽しみに目覚めることでしょう。問題は、それがいつか、です。ある程度大きくなってから実行して欲しいなぁ。
by れんげ (2008-11-18 00:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。