So-net無料ブログ作成

200万分の1 [原発]

本日東京電力のHPに掲載されたプレスリリース。気になっていた情報を一つ得ることができました。

東京電力福島第一原子力発電所1~3号機からの放射性物質の現時点での放出量の暫定評価について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110719u.pdf

発電所から大気中へ現時点で放出される放射性物質の放出量は、1時間あたり約10億ベクレル(Cs-134,Cs-137)が上限だと評価されたとのこと。
3月15日の放出量は1時間あたり約2000兆ベクレル、3月25日は1時間あたり約2.5兆ベクレル、4月5日が1時間あたり0.29兆ベクレル。事故時より200万分の1に減少している‥って。

それでも1時間あたり10億ベクレル。なんだかもう感覚が麻痺しちゃっていますが、それでもやっぱりため息がでちゃう数値。

いや、でも具体的な数値を知らなくても事故の報に接して冷や汗が出て、双子をとにかく極力屋内退避状態にしておかなければと思っていたあの頃に比べて200万分の1になったんだから、よかったと思うべきところか。でもそれだけ放出されてしまったことと、今後の後始末を考えるとやはりため息をつきたくなるのは、しかたないよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。