So-net無料ブログ作成
検索選択

意見を言うということ [原発]

重陽の節句に流れた横浜市が放射性物質を含む下水汚泥焼却灰を南本牧の海に埋立処分するというニュース。今日になって計画に反対の声が多く、当面の間、埋め立てを凍結するという報が。いずれはどこかに埋め立てなければいけない問題ですが、とりあえず市民の理解を得るために一度立ち止まって考えるという姿勢は評価できます。
(ちなみに東京都は、ずっと前からセメント混練りや湿潤化したものを中央防波堤外側埋立処分場及び新海面処分場で埋立処分しています。)

これまで行政のHPなどに「パブリックコメント(意見)募集」みたいなところがあっても、自分の意見を述べようという気になりませんでした。
ですが、やはり行政を動かしていくために自分の意見を述べるということも時には大切ですね。
埋立処分の件は明確な意見を持ちませんが、例えば学校給食の件。

私の住んでいる区では、区立小中学校の給食で使用した食材(主な生鮮食品)の産地を毎日ホームページで確認できるようになっています。この対応は高く評価していますが、欲を言えばもう一歩踏み込んで、(以前も書いていますが)子ども達が食べる一食分をまるごとミンチにしてゲルマニウム半導体検出器にかけて毎日データをとって欲しい。
こういう意見は、教育委員会事務局の学務課に伝えればよいのです。
他の自治体に住んでいる方でも、もし賛同される方がいらっしゃれば、ぜひ行動を。

ちなみに横浜市などは、給食用食材から毎日1品を選び、ゲルマニウム半導体検出器での分析結果を公表していますが、それが有用かは疑問に思っています。実際、汚染牛肉を見逃しましたしね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。