So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の言葉 [子ども]

20160403.jpg双子に読ませようと思って買ってきた「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ」。
「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」がすっかり有名だけれど、こちらも示唆に富んでいてよい本。児童書コーナーにあったのだけれど、大人こそ読むべきかも。たとえば、こういうくだり↓

「子どもは遊んで、遊んで、遊んで、幸せにならないといけない。
知識、知識、知識、情報、情報、情報、と急いで与えないでほしい。

子どもはゆっくり育つべきなんだ。

いまは物をたくさん作らないといけないから、
経済的に価値ある人材を作ろうとしている。
はやく稼げるようになる勉強ばかりさせて、
子ども時代を台無しにしている。
そして、8歳や9歳で小さい大人のような子どもを期待している。」

本当にそう。

多くの大人は子どもに知識を与えるのに熱心だけれど、自ら知識を見出す時間を子供に与えることには熱心じゃないように見える。そうだとしたら、それはとても残念なこと。


世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

  • 作者: くさば よしみ
  • 出版社/メーカー: 汐文社
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。