So-net無料ブログ作成
検索選択

熊本のスイカ [日々のこと]

20160424.jpg近所のスーパーに熊本産のスイカが並ぶ季節になりました。
産地のシールを見ると、熊本市北区だったり、益城町だったり。
まだ4月下旬だというのに、とても甘いスイカで、できるだけ毎日買って食べることにしました。食べることも応援になるといいな。

4月14日から熊本県、大分県を中心として続発している大きな地震とその被害には心を痛めています。
防災には気を配っているけれど、いくら準備していても万全ということはなく、明日は我が身という思いも強いです。そして、だからこそ、今このときを大事にしようとも思います。

毎年おいしいスイカをありがとうございます。一日も早く日常が取り戻せますように。



今日の言葉 [子ども]

20160403.jpg双子に読ませようと思って買ってきた「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ」。
「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」がすっかり有名だけれど、こちらも示唆に富んでいてよい本。児童書コーナーにあったのだけれど、大人こそ読むべきかも。たとえば、こういうくだり↓

「子どもは遊んで、遊んで、遊んで、幸せにならないといけない。
知識、知識、知識、情報、情報、情報、と急いで与えないでほしい。

子どもはゆっくり育つべきなんだ。

いまは物をたくさん作らないといけないから、
経済的に価値ある人材を作ろうとしている。
はやく稼げるようになる勉強ばかりさせて、
子ども時代を台無しにしている。
そして、8歳や9歳で小さい大人のような子どもを期待している。」

本当にそう。

多くの大人は子どもに知識を与えるのに熱心だけれど、自ら知識を見出す時間を子供に与えることには熱心じゃないように見える。そうだとしたら、それはとても残念なこと。


世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

  • 作者: くさば よしみ
  • 出版社/メーカー: 汐文社
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: 単行本


卯月 [子ども]

20160401.jpg今日から卯月。東京の桜は満開!

用意された答えに到達するための最短路をいかに素早く見出せるか、というのが塾での勉強の目的になってしまっている感じ。
それって人工知能のチューニングをしているみたい。

学校以外の場所では、答えはあらかじめ用意されていないし、最適解への道筋が一意に定まるわけでもない。あの勉強方法だけで偏差値がよくなっても、人生を戦い抜けないだろうな。親としてはバランスをとってあげるのがなかなか大変そう。しかもテキストを読んで、本質を理解しているか双子に確認していくだけで私の時間がどんどんなくなる。ひぃ~。