So-net無料ブログ作成

壁の掃除 [掃除]

二段ベッドの写真を見た双子が「あ、なんかこれ、楽しそうだ。」と言いました。「なんだ、これ?」というので説明すると、早速二人で、どうやって寝るのか相談し始めました。上がいいとか、はしごが怖そうだとか、下も楽しそうだとか、毎日上と下で寝るのを交換しようかとか。そのうち、「パパとママが寝るところがないね。どこで寝るんだろう?」と二人で相談しだしました。大丈夫。そんな心配をしているうちは、二段ベッドは買いません。

さて、今日は壁の掃除をしました。窓の内側が汚れるように壁も汚れますから、定期的に掃除するようにしています。これまで繊維壁、京壁、漆喰、クロス壁などいろんな壁を掃除してきましたが、一番大変なのが繊維壁でした。で、内装に手をいれたときに、繊維壁の部分は京壁にしました。ただ、床の間のある和室はやはり京壁でなくてはと思いましたけれど、見栄えとメンテのしやすさのバランスを考えると、クロス壁が一番好きです。で、居間やキッチン、洗面所はクロス壁にしてあります。

クロスの汚れは、クレンザーをつけた布で拭いたりブラシでこすれば簡単にキレイになります。家具を移動したときの汚れも、双子が色鉛筆で書いた落書きも。あまり強くこすりすぎると壁紙を傷めるのかもしれないので、注意が必要ですが。
とくにこの家の壁は、不在期間が長いせいか、1年の間にいたるところに蜘蛛の糸がくっついて微妙に黒くなっているので、夏の間に必ず掃除しなくてはいけません。このときクロス壁ならちょっと拭くだけでOKですが、京壁は力を入れて拭けないし、漆喰も下手をするとまだらになってしまうので、ものすごく神経を使っています。ただ、あまり手入れをしない場合には、繊維壁や京壁は汚れが目立たなくていいのかも。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

襖紙の貼り替え [掃除]

双子が、赤とんぼを指に止まらせようと揃って人差し指を出しました。
並んだ人差し指はどちらも同じに見えるのに、ソラマメの指にばかり3度ほど止まって、ダイズの方は見向きもしませんでした。なぜだ。蚊には好かれるのにね(違)。
ダイズよりソラマメの指を選ぶのも謎ですが、そもそも見るからに怪しい幼児の指で休もうとする赤とんぼの気持ちがワタシにはわかりません。危機感はないのか。

さてプチ自然を楽しんでいる双子を横目に、ワタシは山のような家事を毎日少しずつ片付けています。洗濯と障子貼りと襖貼りと窓拭きと壁の掃除が主な内容ですが、障子と窓はたぶん全部終わらないうちに、東京に戻る日が来るでしょう。毎年そうです。[バッド(下向き矢印)]

ということで、今日は、障子を3枚貼って、襖を1枚貼りました。

実は襖紙の貼り替えは初めてやりました。襖なんて、プロに頼めばよさそうなものですが、全部の襖を頼む余裕はないので、自分でできるところは自分でと思って、全然使っていない2階の部屋の襖を1枚、試しに貼ってみました。子供のころに祖父が貼るのを手伝ったことがありますが、あれは手伝ったというより、邪魔したの方が正解でしょう。
ということで、ホームセンターで安価な新鳥の子紙を買ってきて、いざ貼り替え。

ええ、見事に失敗しました。というより、仕上がりが気に入りません。[もうやだ~(悲しい顔)]

一番の敗因は、蝶番がさびていたので、ドアになっている襖をはずさず、当然枠もそのままで縦にしたまま貼ったことかも。貼りにくい!無謀なんです。でも懲りずに、また明日再トライします(笑)。
障子も初めてのときは、かなり悲惨だったのに、今ではそれなりに貼れるようになりました。
何事も精進、精進。といっても、1階の襖はいずれプロに頼むつもりでいますけれども。ちなみにこの家の襖紙は、もうかれこれ20年ちょっとそのままのような気がします。2階のなんて、30年以上そのままなんじゃないかしら。とりあえず、今年は欲張らずにこの1枚をもうちょっとまともに貼りたいです。2階にはまだまだ襖がたくさんあるので、何年かかけて少しずつやっていこうと思います。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。