So-net無料ブログ作成
検索選択

サクラサク [子ども]

20170212.jpg受験生だった双子、第一志望にそろって合格しております。

去年の今頃の春期講習からスタートした受験生活。いろんなことができなかったし、する気にもならなかった1年でした。自分の受験のときでさえ行った夏の長野に行けなかったり。1月の恩師の最終講義にも顔を出せなかったり。友達とも一切会わなかったり。美術館や博物館にも一度も足を運びませんでした。

そうやっていつもと全く違う感覚で過ごしていましたが、結果がついてきてくれてよかった。二人一緒というのが親としては一番嬉しいデス。

そうしてまた、よく勉強した1年でもありました。双子も、私をはじめとする周囲の大人も。
中学受験でだけ使用する知識なんて必要ないと思っていたので、その先を常に見据えて勉強させましたが、塾で出される問題には重箱の隅をつつくような問題が多くあったり‥。こんな問題を出す中学は行かなくていいよ、と何度言ったことか。出題者からのメッセージを受け取って、それに応えるような答案を作る、このやりとりが楽しいと思える学校でないとダメだよなというのを再認識した1年でもありました。

写真は先月中旬に咲いていた早咲きの桜。今日は東京でソメイヨシノの開花宣言が。
とりあえずは、入学準備でバタバタ。でも少しずつ以前の日常の感覚も戻ってきました。

雨ニモマケズ風ニモマケズ [子ども]

20160729.jpg今年の夏休みは、双子に夏期講習を受けさせたので、長野の家には行かず、ずっと東京暮らし。
お盆を長野で迎えないのは、生まれて初めて。まさか我が子の受験でこういう事態になろうとは。迎え盆を含んで数日は休みだったけれど、塾の宿題、学校の宿題に追われ、送り盆の日にも塾があるので、長野行きは断念。

そして本日は台風接近&上陸。
塾の方からは、昨日のうちに、今日の午前中の授業は平常通りで午後からの授業については再度今日の10時に連絡という通達が。うちの双子は午後からの授業なので、今日になって再度通知をみたら、「午後からの授業も実施します。」

外、ものすごい風と雨なんですけど。避難準備勧告も出てるんですが‥。

様子を見て家を出るので遅刻する可能性あり、と塾にメールで連絡しておいて、アメダスとにらめっこ。
風雨のおさまった20、30分の間に、なんとか車で塾まで送り届けることができました。
が、家に戻ってきたら、再び、ものすごい雨と風。この状態だったら外に出られなかった。

そうして、夜になって授業を終えて双子が戻ってくる時刻には、台風は通過して雨風もおさまっていました。

しかし、塾ってお盆だろうが台風だろうが授業があるのねぇ。
停電にならずに、お弁当が作れてよかった。アメダスがあって、よかった。

写真は秋色になった紫陽花。ドライフラワーにしようと思ったけれど、この後、退色してイマイチな仕上がりになりました。

運動会 [子ども]

20160604.jpg双子の通う小学校の運動会でした。今年は午前中は晴れていたけれど、午後は曇って、気温も30度を超えなかったので、過酷な運動会にならずに済みました。

双子にとっては小学校での最後の運動会。紅白に分かれてしまったので、片方が勝って、片方は負け。でも今までで一番思い出深く楽しい運動会になった様子。そして親にとっても小学校に運動会を見に行くのはこれが最後。双子の成長を振り返っていろいろと感慨深いけれど、それよりなにより私が気がかりなのは、親と子で運動会で一緒にお弁当を食べるのはこれが最後だといいなということ(笑)。4人分の弁当作りが面倒~。もうこれで運動会の見学はしなくてもいいな。とりあえず、双子が競技している姿はしっかり目に焼き付けました。

おべんとう [子ども]

20160512.jpg4月から始まった双子の塾通い。夕食を塾で食べるのでお弁当を持っていきます。この日は、鶏肉のバジルソテー、さつまいものソテー、野菜炒め、ミニトマト。いつもの夕ご飯をお弁当に。食後のフルーツは帰宅後に食べます。

今日の言葉 [子ども]

20160403.jpg双子に読ませようと思って買ってきた「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ」。
「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」がすっかり有名だけれど、こちらも示唆に富んでいてよい本。児童書コーナーにあったのだけれど、大人こそ読むべきかも。たとえば、こういうくだり↓

「子どもは遊んで、遊んで、遊んで、幸せにならないといけない。
知識、知識、知識、情報、情報、情報、と急いで与えないでほしい。

子どもはゆっくり育つべきなんだ。

いまは物をたくさん作らないといけないから、
経済的に価値ある人材を作ろうとしている。
はやく稼げるようになる勉強ばかりさせて、
子ども時代を台無しにしている。
そして、8歳や9歳で小さい大人のような子どもを期待している。」

本当にそう。

多くの大人は子どもに知識を与えるのに熱心だけれど、自ら知識を見出す時間を子供に与えることには熱心じゃないように見える。そうだとしたら、それはとても残念なこと。


世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

  • 作者: くさば よしみ
  • 出版社/メーカー: 汐文社
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: 単行本


卯月 [子ども]

20160401.jpg今日から卯月。東京の桜は満開!

用意された答えに到達するための最短路をいかに素早く見出せるか、というのが塾での勉強の目的になってしまっている感じ。
それって人工知能のチューニングをしているみたい。

学校以外の場所では、答えはあらかじめ用意されていないし、最適解への道筋が一意に定まるわけでもない。あの勉強方法だけで偏差値がよくなっても、人生を戦い抜けないだろうな。親としてはバランスをとってあげるのがなかなか大変そう。しかもテキストを読んで、本質を理解しているか双子に確認していくだけで私の時間がどんどんなくなる。ひぃ~。

写真の注文 [子ども]

20151017.jpg金、土と2日続けて学校公開なので、両日とも小学校へ。
廊下の壁部分には、先月の雨に祟られた移動教室時の写真が貼りだされていて、番号を選んで注文できるようになっていました。700枚ほどの写真の中から我が子が写っているものを探すわけです。

ダイズとソラマメで、注文する枚数にあまり差がないように、あ、これはダイズ、あ、これはソラマメといちいち区別してチェック。面倒。だんだん飽きてきていい加減になり、さらに横顔でどちらの子かよくわらないものも枚数合わせのために選んで、帰宅後「ダイズがたまねぎ切っている写真があったね~」と言ったら「それ、僕じゃなくてソラマメだから。」と言われる始末。
……間違えて注文しても、結局どちらかのだから問題ない気がするけれど、双方だいたい同じ枚数にしたい気も。そして「ワタシがどんな写真を選んだか、番号一覧渡すから明日学校で確認してくる?」と聞いたらダイズは返事をしなかったけれど、ソラマメは「そうする」と。それで、どんな写真を注文するのか興味があるようだから、それなりにきちんと写っているのを探して注文しなくちゃと心に決めて、結局、土曜日にもう一度腰を据えて1枚ずつ確認してきました。2度手間。
でも、金曜日に書き出した一覧を片手に再度チェックしているお母さんが他にも。厳選しているのかなあ。それとも間違いないか確認かしら。

ということで今回の学校公開は写真のチェックに時間をとられて、肝心の授業をほとんど見ないまま終了。そして、授業アンケートの感想に何を書いていいかわからず。適当に書きました。ごめんなさい。

4変数 [子ども]

20150625.jpg←ルーフバルコニーでは撫子が花盛り。

学級通信に児童が自由に書き込むコラムのようなものがあって、ソラマメはそれをナゾナゾとか算数で埋めます。

で、先日、その原稿をちらっと見たら、○△□☆を使って4変数の1次方程式を書いていて、解を求めなさいとありました。なぜか4つでなく5つ式があったのだけれど、独立なのは3つ。それで、解は一意に定まらない。

だから、ソラマメに「独立じゃない2つの式は削除しなさい。解が一意に定まらないから、解は一通りではありませんと注釈をつけなさい。」と言いました。
ついでに、4変数の1次方程式が解を持つって言うのはさ、と話し出して、4次元空間に直線が4つあってね、と続けたら、もうそこで拒否反応(笑)。しかたない、あと数年経ったら理解できるでしょう。4変数あって解がある式を書けただけでよしとしておく、か。

でも2変数はできるからつまらないと判断したのはいいとして、3変数でなく、どうして4変数にチャレンジするのかしら。難しい方が楽しいのかな。とりあえず、解がない、解が一意に定まる、解がいくつもある、というパターンがあり得るということは理解したらしいです。

遠く異朝をとぶらへば [子ども]

20150619.jpg←スーパーに並ぶさくらんぼのおいしい季節になりました♪

小5の国語で古典に親しみ、「奥の細道」やら「竹取物語」やら「平家物語」やらの序文を楽しく暗記した双子。教科書に載っているのは本当に冒頭の部分だけなのだけれど、平家物語に関しては、巻第一「祇園精舎」で「亡じにし者どもなり」のところまでプリントが配られたので、そこまで暗記しました。
それで、彼らがそれを諳んじているのを聞いていたら「民間の憂ふるところを知らざっしかば」と。
あれ??「知らざりしかば」じゃないの?と思って、手元の平家物語解説本(私が高校生で使っていたもの)を見たら、「『知らざっしかば』となっている本もある。これは「知らざりしかば」の音便でもある。」とありました。なるほど。よく知っていると思っていたのに気づいていないこともあるのねと、ちょっと新鮮な気分でした。


運動会 [子ども]

20150530.jpg去年、気温が33度まであがる真夏日だったので、今年は曇りになりますようにと願っていましたが、かなわず。今年も真夏日の運動会[もうやだ~(悲しい顔)]
それでも前日がかなり涼しかったこともあって、朝はさほどでもなく、結局観測された最高気温は30度。実際去年にくらべればマシでしたが、それでも手元のタニタ黒球式熱中症指数計は34度を示していました。日陰はいいけれど、じりじりとした日差しの下にずっといるのはキツイ。
そんな中でも、子ども達はよくかんばっていました。年を追うごとに成長を感じます。みんなよくがんばりました[かわいい]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。