So-net無料ブログ作成
検索選択

固型石鹸への回帰 [暮らし]

20151201.jpgこの数年いつも使っていた食器洗いのスポンジは某社のセルローススポンジ。その生産国が日本でなくなってしまったら、使い心地が変わってしまいました。それで他のセルローススポンジを1年以上かけていろいろ試したのだけれど、気に入ったのが見つからないまま。
結局、ミヨシの食器洗いせっけん(液体)をやめて、ミヨシの台所用せっけん固型に変え、スポンジからナイロンの浴用ボディタオルを裁断して小さくしたものに変えたら、ようやく気に入る使用感と洗い上がりになりました。

そして食器洗いのせっけんが液体から固型に変わったので、手を洗う石鹸も固型に変えてみました。
液体せっけんの入っている詰め替えボトルのポンプヘッド内の汚れが綺麗にできなくて気になっていたけれど、詰め替えボトル自体をなくすことで解決。

毎日毎日のことだから、ちょっとしたことでも改善されると気持ちよいです。

リセット [暮らし]

20151022.jpg←我が家の居室。いわゆるリビングダイニングですが、10畳ほどの大きさで、ソファもダイニングテーブルも置いていません。
1日のうち、朝起きたときと、子どもが学校から帰宅する前の2回、床にモノが落ちていなくて、机の上になにもないというこの状態になっているのが好きです。

カラミンサ [暮らし]

20151014.jpg家の中にモノがたくさんあるのが嫌だなと最初に思ったのは、確か17、8年前に相続した祖父母の家を片付けたとき。とにかく自治体のルールに従ってゴミを分別するのが筆舌に尽くし難いほど大変でした。
衣類や布団カバー類、傘などはすべてプラスチック部分と金属部分と布部分で分ける必要があります。ボールペン1本捨てるにも金属部分とプラスチック部分に分けました。ゴミ袋に名前を書く必要があって、場合によっては中身を見られるので、いい加減な始末はできません。そして東京のような粗大ゴミ回収がないので、父と一緒に処理センターにいろいろ持ち込んだのですが、その場でバールを渡されて、金属部分と木の部分に分けて、と言われたことも。

あれを経験して以来なるべくモノは持ちたくないと思ってきましたが、最近、ミニマリストという言葉を耳にして、まだまだ私の所有物は多い、もっと減らせるし減らして身軽になりたいと思うように。それで10月になってほんの少し時間に余裕ができたので、まずは服とバッグの整理を始めました。今までは好きだなと思うモノを全部残していたのですが、ルールを変えて見直し。全身のコーディネートを考えて、この季節はこのくらいのパターンがあれば十分と思える量にしようかな、と。とはいえ、なかなか踏ん切りがつかないものも。それでも少しずつ減ってきました。

写真の白い花はカラミンサ。ピンクは千日紅。陽の中の陰が濃く深くなって瞬くような光が綺麗な季節。

ツルバキアシルバーレース [暮らし]

20150610.jpg←ツルバキアシルバーレース。今シーズンで最初に開いた花。

今日はいつもの家事プラス家の中の片付けを少々。
所有している物が多いということは、それだけ多くを管理する必要があるということで、あれこれ忙しいと物があること自体が煩わしく感じます。なんでもポイポイ捨てたいのだけれど、そう潔く決心がつかないものもあったりして。
捨てる決心がつかないけれど、紙の形でなくてもいいやという紙類は全部電子化。とはいえ、結構時間がかかって、このスペースの紙類は全部pdfに落とせると思っても、それが全部終了するのはまだまだ先になりそうです。

青梅の砂糖漬け [暮らし]

20150605.jpg←今年の梅仕事。

長野の庭になる青梅を待っていられなくて(つまり早く食べたくて)、スーパーで古城梅を1キロ買ってきて砂糖漬けにしました。砂糖漬けの手順、まだ確定しません[あせあせ(飛び散る汗)]
今年の手順は以下のとおり。梅1キロあたり氷砂糖は800グラムを用意。
1. 焼酎(35度)を梅に絡ませる。
2. 梅を水洗いする。
3. 梅割り器で割って種を出す。
4. ジプロックに入れて一晩冷凍庫へ入れる。
5. 冷凍庫から出した梅と氷砂糖と混ぜて熱湯消毒した瓶につけ込む。
瓶は冷蔵庫で保管して、2週間くらいで氷砂糖が溶けて水があがってきて食べられます。楽しみ♪

引き出しの中 [暮らし]

20141018.jpgプランターの隅に咲いた小さな小さな松葉ボタン。つぼみがあと2つあります。去年と同じく一株だけ、こぼれ種で芽吹きました。そうしてやはり去年と同じく夏に咲かずに秋も深まった頃に咲くのが不思議。

さて、今週は、あちらこちらの引き出しの中を整理しました。
家の中にぎゅっと詰めてから閉めないといけない引き出しが3つ。一つは、文房具類、もう一つは、デジカメやケーブル、外付けHDDなどの機器類、最後の一つは、小学校で使用する水着、体操着、給食袋等が入っています。
身軽な暮らしが好みですが、とりあえずとっておこうと判断を保留にすることはよくあるので、ときどき確認しないと使わないものが増えていって、ぎゅうぎゅう詰めに‥。

ということで確認作業&お掃除。まず中身を全部出して、引き出しを拭いて綺麗にしたら、必要なものだけ戻します。戻さなかったものは、さしあたって使う予定のないもの、もう使わないものなので、処分。それだけですっきり。隙間ができたので、引き出しから必要なものをすっと取り出したり戻したりが簡単になりました。うん、気持ちいい。

保存食品の整理 [暮らし]

20140521.jpg朝から雨のそぼ降る一日。

毎年、室温が25度を超えるころから始めるのが常温保存している食品の整理。未開封の乾物を少し残して、冷蔵庫へ移動し、入りきらないものは梅雨前までに食べてしまうようにしています。

果物の缶詰など長期保存のものは大抵初めから冷蔵庫にあるので、常温保存してあってわざわざ移動するものは、開封済みの乾物くらい。そして、子どもが突然欠席したときの昼ご飯に便利だからという理由で常温保存しているパスタソースなどを、この時期に食べます。
というわけで、今日の昼ご飯はパスタ。ただ、パスタは、ときどきならいいけれど、毎日は無理。蕎麦なら飽きないのになぁ(笑)。

整える [暮らし]

20140502.jpg今週は天気がよくても風が強かったり、雨がぱらついたり、あまり洗濯がはかどらなかったので、代わりに片付けモード全開で過ごしました。

今回は、自分の洋服と靴、それから双子の洋服、そしてリビング収納に突っ込んでいる(!)紙類(契約書、学校からのプリントなどなど)が対象。

洋服や靴は、季節の変わり目でもあるので、次のシーズンはもう着ない履かないと思うものを処分。そういうのは、大抵くたびれてきていて、みっともないなと思っていたもの。それでも愛着があるので、包装紙に包んで「ありがとう」と心の中で言いながら、捨てていきます。

そして増え続けるやっかいな紙類。とにかくごちゃごちゃだったので、捨てるべきものは捨てて、分類してコクヨのケースファイルに入れていきました。30分くらいずつ計2時間くらいやって、ようやく全体が見やすく満足のいく状態に。でもPDFに落とすべきものは、今回は時間切れで手つかずです。

身の回りのモノを取捨選択して整理することは人生を整えることで、いつでもすっきり身軽でありたいと思うけれど、すぐに収納が満杯になってしまって、まだまだ精進が必要なようです。

写真は、ソラマメが今春買ったビオラ。

整える [暮らし]

20130716.jpg7月1週目は病み上がりで思うように身体が動かず、掃除洗濯食事の用意は毎日それなりにやっていたけれど、体調万全ならできたはずのあれこれが後回しになっていました。

幅木の上にうっすら積もっている埃とか、玄関の三和土に落ちている砂とか、中がごちゃっとした箱とか。見てみないふり。

先週になってようやく身体が動くようになってきたので、少しずつ気になっていた部分に手をつけだしました。

とくに気になっていたのが、リサイクルするために洗った食品トレー等をため込んでいるキッチンのゴミ箱。食品トレーの他にもあれこれ詰め込んでいて、油断するとこの時期は、小さい小さいダニのような虫が発生することが‥。じーっと箱の底を見ていたら、やっぱりいた‥‥。ぎゃ~~。

この時期は、開封済みの胡麻とか小麦粉とか食品にもダニは発生するのよね、と思って、双子が春にあけてそのままになっていたカツオのふりかけ等もこのタイミングでぽいっと(もったいないけど、ごめんなさい)。開封済みのふりかけをまとめていれている箱がすっきりしてしまったのを見たダイズには、ここには、動いているダニはいなかったでしょ、と睨まれましたが。でも動いているのを見てからじゃ、怖すぎる。食べ終わらずにいつまでも開封したままにしておくからいけないのよ、最近食べているのは捨ててないよ、と無視。
もうすぐ長野へ行くことでもあるし、他にも常温で保存されている食品ストックを整理して、必要なものは冷蔵庫に移動し、ケースは綺麗に掃除しました。

あ~、すっきり。

その他にも、双子がこの時期学校から持ち帰るテスト類などの紙ものや、鍵盤ハーモニカ等の道具類が、へたをすると床にまであふれていたのを整理して、あるべき場所にもどして‥。
でも、双子の持ち物が増えていくし、過去に使ったノート類もまだ捨てるなと言われているので、収納は若干見直さないといけません。それは9月の課題かな。

とにかく、ようやく今週になって家の中の気になっていた部分がなくなってきました。ああ、家の中が整っているってやっぱり気持ちいい。

写真は、先日出かけていった義実家の庭に咲いていた名残の紫陽花。白からピンクへ色が移ろう種類とのことでした。

紙モノを減らす [暮らし]

20120118.jpg何時間でもいたいと思う場所の一つに図書館があります。本に囲まれていると楽しいのです。自宅の一室も書庫にしたいなぁと思ったりもするのですが、実際には、掃除しやすいように家は小さい方がいい、そしてモノも少ない方がいいという欲求の方が強くて、実現させていません。

が、それでも、そう簡単に手放せないものが多くて‥。しかも、捨てられないのは本だけではなくて‥。

年賀状とか、大学生時代のノートとか、授業で配布されたプリントとか。高校生のときの学園祭でやった劇のシナリオまでとってあったのですが、こういうものをためしにスキャンしてみたら、結構綺麗にPDF化できました。

双子のモノが増えるので、自分のものを収納しておく場所をもっと減らしたいのです。で、自分のモノで収納場所をとるのに、使用頻度が低い、しかも捨てにくい、というのは、本とか印刷物などの紙モノ。すべて整理されているのですが、とにかくたくさんある。

普通のスキャナーもあるし、scansnapもあるし、ということで、必ずしも紙でなくてよい、万が一HDDが壊れてデータが失われたらそれはそれでいいやと思えるものは、どんどんスキャンしてデジタルデータ化しよう、と決めました。

ということで、今月は私的に「紙モノを減らそう!」月間、なのです。でも時間が足りなくて1ヶ月で作業が終わりそうにないんですが。(^^;