So-net無料ブログ作成
検索選択
PCのこととか ブログトップ
前の10件 | -

VAIO Eシリーズの分解掃除 [PCのこととか]

20140924b.jpg

ノートPCのVAIOちゃん((VPCEB4AGJ))、ちょっと掃除しようかなと思って、裏蓋をはずしてみました。
(メーカーに分解掃除を依頼するのが普通です。以下は、私の覚え書きのようなものですので、同じことをされる方は自己責任でお願いしますネ。)

1. 電源コードを抜く。裏返してバッテリーもはずす。
2. 裏蓋のネジを全部外す。(メモリの蓋についているネジだけは外さなくてもOK)。
3. DVD-RWドライブを引き出して外す。
4. HDDの蓋をあけて、HDDを外す。
5. 裏蓋を外す。(これで写真の状態)

こんな感じで、以前バラしたDynabook G9より簡単に掃除できちゃいました。

思ったほどではなかったのですが、やはりファンのあたりとか、それなりにホコリがありました。

戻すときは逆の順番で。組み立て直したらネジが余った‥なーんてことはありませんでした(笑)。

IS05用にソーラーチャージャーを買ってみた [PCのこととか]

20110422.jpgIS05用にソーラーチャージャー(ホワイト)も買ってみました。
これでIS05を20%ほど充電できます。が、この充電器、USBから充電すると1.5時間から2時間で満充電になりますが、太陽光で充電するには3日間ほどかかるようです。小さくて軽くて(35g)、プチプラだったので買ってみましたが、ないよりマシという気休めにしかならないカモ。

エネループのモバイルブースターも買っておく方がいいかなぁ。でも常に持ち歩くには重そうなので考え中。

ちなみにソーラーチャージャーにはもうちょっと高くて性能がよいのもあります。
mobile solar L ブラック MS101-BK

こんにちは、Android [PCのこととか]

20110414.jpg14年近く慣れ親しんだウィルコムから離れる決心をして、auのIS05を買いました(写真、4年近く前とストラップが変わっていない私)。

3月10日発売のIS05を2月のうちから狙っていたのですが、端末の値段と月々の支払い料金を考えて、支払いきれないと一度はあきらめたのです。
が、そこに今度の震災。
緊急地震速報を受信したい、停電中でもワンセグでニュースを見たい、新聞社のニュース速報サイトを閲覧したい、という3つの衝動に駆られて、買ってしまいました。

この3つの要求を満たすためだけだったら、スマートフォンでなくても、ガラケーで十分だったのですが、どーせなら、Androidがいじりたかったのです。そもそもAndroidがいじりたくて、IS05が欲しかったのですから。

ということで、購入して約1か月ですが、とくに不具合もなく、快適に使っています。

通話音質はウィルコムより若干劣りますが、画面が綺麗でウェブの閲覧は楽だし、コンパクトで質感もいいし、操作時の反応もサクサクしているし、バッテリーの保ちも十分です。
長野にいるときに、仕事で会議に参加するためにSkypeも使ってみました。1日目は、うまく音声が拾えなくて、まったく使い物にならなかったのですが、2日目は、ものすごくクリアで普通に会議に参加できました。あの差はなんだったんでしょう?
Androidのアプリも、ワタシが欲しいと思うようなものは、それなりに揃っていました。

こんな感じで、おおむねIS05に満足していますが、少し不満に感じるのは、microSDを取り外すのに、電池を取り外さないといけないこと。
母の使っているauのシャープ端末(ガラケー)はmicroSDの挿入口が端末の横にあります。なのに、スマホは違うってどういうこと!?普段は、そんなに出し入れするものじゃないから、とあきらめましたが。

ちなみに、オットも同じIS05に機種変しました。今回私がau端末になったので、ようやく家族間通話無料になりました。ということで、嬉し、楽しのIS05ですが、月々の支払いはどーするんでしょ。
本来買わないでおこうと思ったものを買った(しかも2台も)上に月々の支払いもUPなので、なんだかとっても日本経済に貢献した気分になっているワタシでございました。

dynabook G9 の分解掃除 [PCのこととか]

ワタシのDynabook G9ちゃん、去年、使っていると異様に熱くなって電源が落ちるようになってしまったので、修理に出しました。CPUファンを交換してもらってもどってきたのだけど、今年になってまた同じような現象が‥。
去年は、DVDマルチドライブも交換して欲しかったので修理に出したけれど、今回は自分で分解してCPUファンとヒートシンクをお掃除することにしました。
(以下は、あくまで参考ですので、同じことをされる方は自己責任でお願いしますネ)

電源ケーブルを抜いて、バッテリーをはずしてから、裏側のネジを全部はずします。ネジの近くにF5とかB20とか識別子が書いてあるので、これとネジの対応がちゃんととれるようにしておきます。HDDベイの内側にもネジがある(HDDをもちあげるとその下にある)ので、それもはずします。それから、無線LANのMini-PCI Cardにつながっている黒と白のケーブルもはずしておきます。

次にキーボードをはずします。
20081113-1.jpg
上の写真の赤い丸印のところに爪をひっかけてパネルをはがします。いつも割れそうだなと思うけれど、まだ割ったことはありません。(^^;
そうして見えるネジをはずして、フラットケーブルをはずして‥。

キーボードをはずしたら、そこから見えるネジも全部はずして、フラットケーブルやコネクタも抜いていきます。さきほどはずした無線LANのケーブルもこちら側から抜き取ります。
そうしたら、青い縁の下に爪をいれて、そうっとはずします。下の写真は、2枚に下ろしたところ。
20081113-2.jpgファンはそこそこキレイでしたが、ヒートシンクとファンの隙間(赤い丸印のところ)に、綿ゴミがびっしり。ヒートシンクのネジをとって、それをキレイにしました。

あとはもとに戻すだけ。裏側のネジを全部戻す前に、電源を入れてブートするか確認しました。
この瞬間が一番緊張します。linuxでカーネルを再構築したらブートしなかった、とか、ヒートシンクの取り付け方がまずくてブートしてもすぐ電源が落ちちゃうとか、過去に何度か失敗しているワタシなので。(^^;
そうしてブートして、普通に使えそうなことを確認してから裏側のネジを完全に元にもどしました。

とりあえずこれでCPU温度の上昇が抑えられるようになりました。ヨカッタヨカッタ。

アドエス、アップデート [PCのこととか]

今日は休日ですが、彼は仕事で平日となんらかわらない日でした。今週末も仕事だそうで、つまらないです。

さて、アドエスの新色ピーチブロッサムが出ましたね。女の子っぽい色が発売されると思わなかったので、ちょっとショック。でもこの時点まで待つ気はなかったし、そこまで欲しくなる色でもないしと思うことで諦めました。(^o^;

で、この新色の発売と同時にバージョンアップソフトウェアが公開されました。私は「クイックメモ」機能を利用して「やることリスト」を作成したかったので、早速ダウンロードしてインストールしてみました。インストールはとても簡単で、何の問題もなくあっさり終了。

「クイックメモ」機能は、待ち受け画面からワンタッチでメモを起動し、手書きのメモを取ることができるというもの。キーボードで文字を入力することも可能です。そして、記入したメモの内容は待ち受け画面に表示されます。

とりあえず今日1日使ってみた感じでは、なかなか使い勝手がよい機能です。手書きでパパッと書いておいて、後で、入力しなおしてもいいし、そのままでもいいし。紙に書いて冷蔵庫に貼るのと手間は変わりませんし、編集も楽です。買い物リストもここに書いておけば忘れないので便利!
んー、手書きするのにもっとかわいいスタイラスが欲しくなりマス。

PCの修理 [PCのこととか]

5月から調子の悪かったワタシのPCを、よーーーーうやく、修理に出しました。
新しいPCを手に入れてカスタマイズして、故障しているPCの中身を整理していたら7月になっちゃったので、長野から帰ってからにしよーとか思っていたら、今になってしまったのです。(^^;

故障したPCはdynabook G9で、Windows XPがのっていて、今使っているPCは、dynabook TX/67Cで、Windows Vistaがのっています。
TXの方が速くて快適なんですが、2つほど気に入らない点があります。
一つは、画面が小さいこと。インチで比較すると似たようなサイズですが、1,280×800ドットなのです。G9は、1,400×1,050ドットだったのです。文字サイズを小さくしてみたりとか、いろいろやってみたのですが、この差は実はとても大きくて、G9の方が楽に作業できます。
もう一つは、Vistaは、カーネルモードではデジタルサインのないコードが動かないということ。個人ではデジタルサインを取得するのが困難だそうで、AltIMEのようなフリーソフトが動かないのです。
#32bit版だと一部制約アリで動くようですが、とりあえずAltIMEは、インストールできても正常に動作しませんでした。
Caps LockキーとCtrlキーを入れ替えたかっただけなので、レジストリをいじれば実現できるのですが。ただ、このVistaでの制約は、セキュリティ面ではよいけれど、なんとなく不自由よねぇ、なんとかならないかしらん、という感じがします。

で、いつまた双子に壊されるかわからないし、当分ワタシはdynabook G9でいいやと思って修理に出したのですが、気がかりは、ファンの交換と、DVDマルチメディアドライブの交換と、あとちょっとした部品の交換で、いったいいくらの修理費になるかということ。
ドキドキして見積もりを待っていたら、連絡があって4万弱でした。よかった。それなら、と修理を続行してもらって、現在修理中だそうです。(^^)

ちなみにdynabookの修理は、ネットで修理申込みをすると、PCを取りに来てくれて、梱包もなにもせず、本体のみを手渡せば、それでOKでした。
双子に、いろいろなものを壊されるので、今のワタシにとって修理が楽というのはとても重要です。
エプソンの修理も、宅配便で送ったら、翌日か翌々日には、無事に戻ってくるという、いったいいつ修理したの?という速さで非常に満足でした。
修理は手軽に素早くというのがウレシイですよね。


ここでのネット環境 [PCのこととか]

この家には光もADSLもないので、ネットを利用するときにはもっぱらアドエスに頼っています。
速度は‥‥‥イマイチで、かなり不自由な環境ですが、まぁ、期間限定なのでヨシとしましょう、という感じです。
ちなみに無線LANでつなげばスピードは改善されます(自宅で試しました)けれど、ここでは利用できません。

自分のブログの書き込みなど、長い文章を書くときにはPHS端末にノートPCをつないでやっていますが、それ以外は基本的に、ほとんど端末だけでなんとかなります。
ウェブページは画像を表示してしまうと遅くてイライラするので、画像を表示しない設定にして、必要なところだけ画像を表示するようにしていると、それなりに耐えられるスピードで閲覧することができます。
また、本やCD、双子のオムツなど、自宅にいるときと同じようにネットで買い物していますが、買うものが決まっていればさほど不自由ではありません。探して検討しようと思うと表示が遅くてダメですけど。

メールは、いくつかのアカウントを登録しておいて、アカウントごとに受け取ることができるのでかなり助かっています。
返信が片手でできないと以前に書きましたが、右手の親指の爪を2ミリくらい伸ばしたら、画面をタップすることができるので、片手で書いて片手で送信することができるようになっています。やはり、こういう端末は片手で操作できる方がいいです。

そうそう、楽天証券のiSPEEDは、無理矢理動かすことができるようですが、あまりよい方法とは思えなかったので、試しませんでした。とりあえず、ナシでもなんとかなっています。


アドエス、その後 [PCのこととか]

Advanced/W-ZERO3[es]にだいぶ慣れてきました。

使っていて若干不便だなと思うのは、短いe-mailを画面をほとんど見ずに片手で打ってそのまま片手で送信、というのができないこと。
タッチパネル入力とQWERTYキーボードは使い勝手がよいので、両手で使うときには操作が楽でいいのですけど。ちらっとメールをチェックして、双子に気づかれないように、そっと後ろ手のまま短い返信をするというのができないです。

もう一つ、ショックだったのは、楽天証券のモバイル版トレーディングツール「iSPEED」が使えないこと。
確かに対応機種の一覧にはないのですが、W-ZERO3[es]で動いていたので、動くんじゃないかと思ったのが甘かった。(^^;
対応予定はあるようですが、いつになることやら。
とりあえず、「ウィルコム公式サイト」→「証券」→「楽天」で、ログインすればモバイル版のページ(通常の楽天証券のページより表示が軽い)で取引できます。

端末の設定は、無線LANの設定、プロバイダのメールアカウントの設定、着信音の変更、そして古いピッチから電話帳の移行をしました。もっといろいろしたいのですが、時間がありません。

着信音には、waveファイルとMIDIファイルが使えます。mp3とWMAがダメなのはちょっと不満。
ツワモノの方々がmp3を使えるようにしていらっしゃいますが、ワタシは面倒でとりあえずwaveにしました。
CDからwaveファイルをパソに取り込んで、適当に短くして、アドエスに転送して、着信音として設定しました。が、最初、14Mくらいのサイズにしたら、思い出したくないような事態になり、リセットボタンを2度ほど押す羽目になりました。(-_-)
4Mくらいのサイズにしたら問題なく設定できました。ファイルサイズが大きすぎたんですね。(^^;

電話帳はどうしようと思ったのですが、結局正攻法で移行しました。
csvファイルを用意するまでが、微妙にいろいろあって面倒でしたが、それから先はすんなり行きました。
以下、簡単な移行手順の説明。
1. KUS-P10のドライバをメーカーから、そしてH"問屋を窓の杜からダウンロード(どちらもまだ置いてあってよかった!)してきて、PC(OSはWindows XP)にインストール。
2. KUS-P10を使って古いピッチ端末とPCをつなぐ。
3. H"問屋で電話帳をPCに吸い上げてcsv形式で保存。
  このとき注意すべきは次の2点
  +H"問屋の通信ポートは手動で設定しないとダメ。デバイスマネージャーで表示されるデバイス一覧から該当モデムを選べば、ポート番号を確認できる。
  +PHS端末側のデータ通信モードをOFFにしないとデータ転送モードにならない。
4. Outlookの連絡先にcsv形式のファイルをインポート
5. アドエスとPCをつないで「連絡先」を同期(このやりかたは、付属のマニュアルにあった通り)


おNewなピッチ♪ [PCのこととか]

ピッチ端末を新しくしました。Advanced/W-ZERO3[es]です♪

高音質であることと、ヒトにやさしい低電磁波であることを重要視して使い出したPHSですが、彼がケータイなので、出産後はケータイにしようかなぁと漠然と思っていて、去年末には、変えるならコレにしよう、と別の携帯会社の機種まで決めていました。
が、メールと通話以外の機能も使いたくなって土壇場で気が変わり、Advanced/W-ZERO3[es]が発売されるのを待って、機種変更しました。

機種変前の端末は5年以上使っていて、双子を出産したときの3か月近い入院生活でも毎日ワタシの傍らにあったので、とても思い出深い端末です。これを使わなくなるのは少し悲しいのですが、新しい端末もうれしいです。(^o^)

写真は、双子と一緒のおでかけ時に貴重品を入れて持ち歩くヴィトンのモットと一緒に。今までは、モットの前面のポケットにピッチを入れていたのですが、今度は無理。ピッチとお財布を入れちゃうと、他はほとんど何も入りません。まぁ、しょうがないかな。

それにしても、とうとうピッチまでWindowsになってしまいました。(^^;

とりあえずインストールしたいアプリケーションがあるのですが、それ以前に、普通にメールを出したりする段階でマゴマゴしています。慣れるまでもうちょっとかかりそう~。使いこなすのはもっとかかりそう~。ボチボチやっていきます。


windows エクスペリエンス インデックス [PCのこととか]

新しいPCを手に入れたと書いたら、デュアルコアCPUってどうなの?という類の質問が複数。(^^;
ということで、人の家の双子より、人の家のPCが気になる友人達のために新PCのwindows エクスペリエンス インデックスを公開します。

vistaでは、「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「ウェルカムセンター」→「詳細を表示します」と選択していくと、「windows エクスペリエンスインデックス」というのが見られます。 
ちなみに、windows エクスペリエンス インデックスというのは、ベンチマークとはちょっと違うのですが、性能の指標には違いありません。1.0から5.9までの値をとるそうで、数値が大きいほど処理が快適なPCということになります。

で、私が今いじっているPCのソレは下記の通りです。

コンポーネント評価についての詳細サブスコア
プロセッサ1秒あたりの計算4.7
メモリ(RAM)1秒あたりのメモリ操作4.5
グラフィックス Windows Aeroのデスクトップパフォーマンス3.4
ゲーム用グラフィックス3Dビジネスおよびゲームグラフィックスパフォーマンス3.1
プライマリハードディスクディスクのデータ転送速度 4.5


ちなみに、システム構成は以下の通り。
OS: Windows Vista Home Premium
プロセッサ: Interl(R) Core(TM)2 Duo T5500@1.66GHz 1.67GHz
メモリ: 3.24GB RAM
ディスプレイアダプタ:Moblie Intel(R) 945GM Express Chipset Family

で、問題のCore2 Duoですが、1.66GHzと1.67GHzなので、もともとそれほど速い方ではありません。
評価値が5.0以上になるには、やはりデュアルコアでも一つが2GHz以上ないとダメですね。
デュアルでなくてもPentium 4の3GHzくらいだったら、評価値は4.0を超えるようです。
それでも、4.7という評価値それ自体はなかなかの値です。
むしろ足を引っ張っているのはグラフィックスなのでした。


前の10件 | - PCのこととか ブログトップ