So-net無料ブログ作成
検索選択

ダブルフラワーカモミール [花のこと]

20150604.jpg乾いた北からの風が強かった一日。
風向きからしてベランダはあまり影響を受けなかったので、クッションカバーと座布団カバーを全部洗濯して干しました。我が家は、ダイニングチェアやソファがないので、食事のときやくつろぐときに座るのは座布団の上。それで、毎月第一週目に全部洗濯するようにしています。ものすごく湿度が低かったこともあって、ハタハタハタとはためきながら2時間くらいで乾いてしまいました。速い。普段のタオル類は風の強い外ではなく今日は室内干しにしましたが数時間でばりばりに乾きました。湿気が苦手ですが、乾燥しすぎも手が荒れるのでちょっと嫌かも。もっとも去年6月の湿気がまとわりつくような暑さよりはマシです。

写真は今春買ったダブルフラワーカモミールの花。葉っぱがとってもおいしかったらしくて、ふと気づいたら、かなりの部分を食べられてしまいました。なにかに。なにに食べられたのか怖いので(笑)、よく見ていません。それでも一輪だけ花が咲きました。ジャーマンカモミールの花も咲いているのですが、そちらより、こちらの方が好み。

いちご [花のこと]

20150521.jpgソラマメが育てているイチゴの苗。すでに5,6個収穫しました。今年は一株だけだったけれど来年は何株も買って育てようかな。

家に必要なもの [花のこと]

20150430.jpg自分の家に必要だと思うものは、大きな窓と庭と絵と書庫。庭はベランダガーデンでかまわないのですが、とにかく、朝起きて窓の外を見たときに植物が目に入るとうれしいのです。萌える新緑が美しい季節ですね♪

今春買い足した植物は、
 トキワナズナ
 都忘れ(白花)
 紫陽花(スパイク)
 ロータス コットンキャンディ
 ダブルフラワーカモミール。
ソラマメが
 花手鞠(あかね)
ダイズが
 多肉植物の「もみじ祭り」
を買い足しました。

そして、夏の水切れを防ごうと大きな鉢と「かる~い培養土」なるものも買って、今年前半の園芸予算が尽きました[あせあせ(飛び散る汗)]

ヒヤシンス [花のこと]

20150315-1.jpgダイズが育てている水栽培のヒヤシンス。2番花も咲きました。やはりまっすぐ伸びて咲くというわけにはいかなかったのですが。ジャムの空き瓶と針金をつかって初めて挑戦した球根の水栽培でしたが、簡単で楽しかったから来年もやろうっと。

五色八重散椿 [花のこと]

20150315.jpg3年生のを購入して5年目。そうでなくても成長が遅いけれど、鉢植えなので、ほとんど大きくなりません。今年も白地に紅の縦絞りが咲きましたが、毎年数輪しか咲かないので五色をみたことがない。せっかくの五色八重散椿なのに‥。長野の庭に地植えにしようか迷い中。

八重の梅 [花のこと]

20150314.jpg梅祭りが行われている近所の公園へ。梅はまさに見頃。天気がいまひとつだけれど薄曇りの中で十重二十重に咲き誇る梅は淡い夢のよう。

ヒヤシンス [花のこと]

20150227.jpg双子の片方が初挑戦した水栽培のヒヤシンス。満開です。でもなぜか枝垂れ咲き。咲くほどに頭を垂れるヒヤシンス(違)。

ヒヤシンス [花のこと]

20150217.jpg水栽培のヒヤシンス、花が咲き始めました。

いぬのふぐり [花のこと]

20150216.jpg植木鉢の端に、イヌノフグリが咲いていました。この花を見る度に、草野心平の「春のうた」が思い浮かびます。どのフレーズも印象的な詩。小学校で習って以来、何十年経っても気に入った詩というのは忘れないものです。

ちなみにこのイヌノフグリの花は、離弁花のように見えますが合弁花です。私にとってはよく目にする花で、子どものころに分解してみていた(!)ので、合弁花だと私は知っていましたが、双子は知りませんでした。というか、知らないということに今年始めて気づきました。そういえば東京に住んでいると目にとまることも少ないので知らないのも当然なんですね。

立春の撫子 [花のこと]

20150204.jpg今日は立春。そしてルーフバルコニーでは撫子が咲きました。(^^;
この撫子は四季咲きでときどき早春にも咲きます。ただ、もっと暖かいときには白色で咲いて、日が経つにつれ桃色に染まる花なのですが、蕾の状態が長くて、咲いたときから桃色でした。

今、ルーフバルコニーで元気なのは、ビオラ。そして去年新しく加えてみた植物で低温のルーフバルコニーでも葉色が綺麗なのは、カモミール、オレアリア、イングリッシュラベンダー、白竜。
レモンバームは地上部が枯れずに越冬しましたが、葉色はくすんでいます。そしてウィンターコスモスは、冬になったら立ち枯れているような雰囲気なので刈り込んだ方がよかったかも、という感じです。