So-net無料ブログ作成

ケーキ [おいしいもの]

20160505.jpg鯉のぼりがよく泳いだ子どもの日。ケーキを買ってきて食べました。兜のケーキがカワイイ。綺麗に整備された駅前の区画に、今春から和菓子屋さんやケーキ屋さんが入ってとても満足(≧∀≦*)ノ

熊本のスイカ [日々のこと]

20160424.jpg近所のスーパーに熊本産のスイカが並ぶ季節になりました。
産地のシールを見ると、熊本市北区だったり、益城町だったり。
まだ4月下旬だというのに、とても甘いスイカで、できるだけ毎日買って食べることにしました。食べることも応援になるといいな。

4月14日から熊本県、大分県を中心として続発している大きな地震とその被害には心を痛めています。
防災には気を配っているけれど、いくら準備していても万全ということはなく、明日は我が身という思いも強いです。そして、だからこそ、今このときを大事にしようとも思います。

毎年おいしいスイカをありがとうございます。一日も早く日常が取り戻せますように。



今日の言葉 [子ども]

20160403.jpg双子に読ませようと思って買ってきた「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ」。
「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」がすっかり有名だけれど、こちらも示唆に富んでいてよい本。児童書コーナーにあったのだけれど、大人こそ読むべきかも。たとえば、こういうくだり↓

「子どもは遊んで、遊んで、遊んで、幸せにならないといけない。
知識、知識、知識、情報、情報、情報、と急いで与えないでほしい。

子どもはゆっくり育つべきなんだ。

いまは物をたくさん作らないといけないから、
経済的に価値ある人材を作ろうとしている。
はやく稼げるようになる勉強ばかりさせて、
子ども時代を台無しにしている。
そして、8歳や9歳で小さい大人のような子どもを期待している。」

本当にそう。

多くの大人は子どもに知識を与えるのに熱心だけれど、自ら知識を見出す時間を子供に与えることには熱心じゃないように見える。そうだとしたら、それはとても残念なこと。


世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

世界でいちばん貧しい大統領からきみへ

  • 作者: くさば よしみ
  • 出版社/メーカー: 汐文社
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: 単行本


卯月 [子ども]

20160401.jpg今日から卯月。東京の桜は満開!

用意された答えに到達するための最短路をいかに素早く見出せるか、というのが塾での勉強の目的になってしまっている感じ。
それって人工知能のチューニングをしているみたい。

学校以外の場所では、答えはあらかじめ用意されていないし、最適解への道筋が一意に定まるわけでもない。あの勉強方法だけで偏差値がよくなっても、人生を戦い抜けないだろうな。親としてはバランスをとってあげるのがなかなか大変そう。しかもテキストを読んで、本質を理解しているか双子に確認していくだけで私の時間がどんどんなくなる。ひぃ~。

 [日々のこと]

20160331.jpg双子が生まれてからというもの、この季節はいつも長野だけれど、今年はその双子を春期講習なるものに通わせたので東京で桜を眺めることになりました。

3月は誕生月で、また一つ年を重ねたのだけれど、相変わらず私の人生の中心には双子がいます。そのうちまた自分が中心に戻ってきたら、ふらっと新幹線に乗って花見のために京都に行ったりできるようになるんだろうな。それも楽しみ。でも今の生活も楽しい。いや、春期講習が14時から20時すぎまでという時間帯のおかげで、14時までにお弁当を用意しなくてはいけない日々は、あんまり楽しくないかも(笑)。とにかく、いまだに毎日が怒涛。
ゆるやかに人生を折り返して、日々の時間をしみじみ深く味わうという境地には遠いようです。


五色八重散椿 [花のこと]

20160314.jpgこんなふうに白の絞りと、赤が一つの木に咲きます。名前の通り、全部で5色あるようだけれど、鉢植えにしてしまっているから、毎年2色か3色くらいしか見られません。
長野の庭に地植えにすると花の盛りに見られないし‥。椿にとっては窮屈だろうけれど、鉢植えで我慢してもらいます。

今日の言葉 [本]

20160214.jpg←宵の空に沈みつつある月。

2月によしもとばななさんの「サーカスナイト」を図書館で借りて読んでいました。時間がなくてざっと目を通しただけで結局ちゃんと全部読み終わらないまま返してしまったので、また今度借りなおそうっと。

その本の中で出会った文章のメモ。
「いろいろな人がそうやって、今はいない人に話しかける言葉はきっと目に見えない花になってどこかで咲いていると思う。
  その場所のことを思うだけで、天国ってあるんじゃないかなと思える。」

読んだときに、ああ、そうだといいなぁ、いやきっとそう、と思ったのでした。遠い昔、彼岸へ旅立ってしまった友人や、親族に、懐かしく話しかけることって時折あるから。そういうときに、その言葉がどこかでほわっと花開いてくれるといいな。


チョコ [おいしいもの]

20160213.jpg←2月のおいしい記憶。
バレンタインにもらった友チョコ。カフェタナカの期間限定のチョコで去年売り切れて食べられなかった!というのを包みを開けた途端に思い出しました。そうそう、これこれ~。期待を裏切らないおいしさでした。カフェビーンズショコラで何種類かの味があるけれど、全部おいしい。大人の味だなと思うけれど、双子もおいしいおいしいと言いながら食べていました[黒ハート]

ヒヤシンス [花のこと]

20160225.jpgジャム瓶で育てていた5つのヒヤシンス、最後のムラサキが開きました。
右のピンクは2番花。5つもあって面倒だなと思っていたけど、次々咲くのは楽しかった。
でも来年は3つくらいにしよう(笑)。

久しぶり [日々のこと]

20160217.jpg久しぶりのブログ更新。
忙しかったので年が明けてから3か月くらい経ったような気がするけれど、まだ2月。よかった(笑)。

とりあえず1月はいつものように七草粥を食べて、鏡開きもして、新学期スタート。
東京に雪が降った1月18日は、双子が小学校から帰宅した後、3人でマンション前の道路を雪かきしました。双子はルーフバルコニーで雪遊びも。でも夜半に積もった雪が、朝方に降った雨のせいでシャーベット状になってしまって、かなり残念でした。

そうして双子は11歳に。知恵がついて、でもまだ体が小さくて、私から見ると双子は今が一番可愛い盛りのような気がします(笑)。

2月は学校でインフルエンザ等が流行しだしたこともあり、双子も体調不良でかかりつけの病院へ行きました。金曜日だったので、そのまま土日は養生していたのだけれど、ダイズの方は咳がひどくなって月曜日欠席。薬を変えてもらって火曜日は登校できました。本当に丈夫になったものです。

それから私はPTAの仕事の引継ぎをしました。引継ぎ日の前に資料作成のための打ち合わせが3回ほどあって、時間をかなりとられましたが、ようやくお役御免になってほっとしました。

そうして一息ついてとりあえず後回しになっていた家のことをいろいろやりだしたところ。
ブログに載せないままの写真もあるので時系列がバラバラになるけれど、少しずつココに残していきたいなと思います。

今日の写真はジャム瓶で水栽培していたヒヤシンス。5つのうち3番目に咲いた花です。ベランダに持ち出して青空を背景にパチリ。今年は1月のうちに最初の花が咲きました。1番目が赤、2番目がピンク。そしてこれはクリーム色。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。