So-net無料ブログ作成
検索選択

新年 2016 [日々のこと]

20160106.jpg←私は「猿」があまり好きではないので、家に「申」にちなんだ置物がありません。でもなにか飾りたくなって、昨年末中川政七商店の「「日本全国まめ郷土玩具蒐集(しゅうしゅう)」というガチャをやってかわいらしい猿をゲットしました(笑)。岡山県の吉備津土人形を模したそうです。

さて、新しい年になりました。

元旦は氏神様にお参りをして、あとは家でのんびり。
2日は、いつものように義実家へ。
3日は、東京国立博物館へ。毎年恒例の「博物館に初もうで」で、私は「松林図屛風」を見に。双子には曲独楽とか和太鼓を見せに。
干支の申にまつわる特集では、千疋猿透大小鐔 (矢上光広作 江戸時代・19世紀)の細工が素晴らしくて目が釘付け。それから冨嶽三十六景の凱風快晴、山下白雨、神奈川沖浪裏がそろい踏みしていたので、双子に見せたかったのだけれど、彼らにしてみれば相変わらず「見た」という以外の感慨はないらしいです(笑)。私にしてもとりあえずそういう名品を「見せておけ」と思っているだけだからいいけれど。

そうして4日からオットは仕事始め。双子は放置していた宿題にとりかかり、いつもの日々に戻りつつあります。
今年は正月気分でいられる日が短かったなぁ。
私はといえば、とりあえず今月中にやることをリストに書き出して‥‥見ただけでげんなり‥。雑用多すぎ。今日もがんばります。

大晦日 2015 [日々のこと]

20151230.jpgいつものように東京の自宅で年越し。子どもの頃、長野にある両親の実家に帰省して年越しをするのがあまり好きではなかったので、自分の家で年越しができるのがうれしかったりします。

今年も相変わらずバタバタと多忙でしたが、家族皆そこそこ健康で平穏無事に過ごすことができ、とてもよい年でした。そしていまだに未熟な部分が多いワタシですが、とくにアタマの中身についてはもうちょっといろいろな方面を磨かないとねとも思った年でした(笑)。使わない部分はあっという間にさび付いていく気が‥。

一方で外に目を向けると、政党政治の限界を感じた年でもありました。それでも新しい民主主義の萌芽も見ることができました。政治的なシステムに関しては今までとは何かもっと違う「かたち」があってもいいのだなという気がします。来年はそれが具現していく年だといいな。

ということで、そろそろ日付も変わります。おやすみない。よいお年を。

贈り物 [日々のこと]

20151224.jpgあちらこちらから贈り物の届く12月。昨日もおいしいチョコレートと、双子が楽しめそうな工作キットが。

そして工作キットの組立に必要なもの一覧にヤニ入りハンダと書いてあるのを発見。ん?ヤニ入り?早速仕事中のオットにLINEで問い合わせたら、「あった」と返事。やった!
冬休みに男子3名で楽しめるね。夏休みに買った工作キットのように、完成前に壊さないように!(笑)

そして私宛のチョコレートはレオニダス。ちょうど先日話題に上って、ああ、食べたいなぁ、でも、ちょっと遠出しないと買いにいけないのよねぇ、とぼんやりと考えていたところ。どうしてわかったのかしら??
早速、本日、丁寧にお茶を淹れて、一ついただきました。ぱくん。あ、これこれ、これを食べたかった。おいしい~。

でも一番うれしい贈り物は、そういうモノ以上に、その人達がいてくれること。
ずっと以前からわかっていたことだけれど、それが年を重ねると身に染みるようになります。そうして、同時に、ああ、私もトシなんだなぁと思うけれど、それもまた悪くありません。

ありがとう。どうぞよいクリスマスを。

重なる一年 [日々のこと]

20151219.jpg←暖かいスープがおいしい季節。今日のお昼ごはんは、さつまいも、人参、しいたけ、スティックブロッコリー、大根、いんげんをコンソメスープにしました。

12月になってから体調がいまいちなことが多かった双子。ようやく二人とも回復かと思ったら、昨日、学校からダイズ君を迎えに来てくださいと電話連絡が来ました。
帰宅後、布団に入って本を読んでいたら「よくなった」と言っていたダイズだけれど、そのまま眠ってしまい‥夜7時くらいに目覚めたら発熱していました。そして結局38.1度に。
「明日病院に連れて行かなくちゃ、でも明日は土曜授業で、もう片方が学校で授業を受けているところも見に行きたいから、病院が混んでいないといいなぁ」と思いながら夕べは眠りにつきました。

そうして迎えた朝。ダイズはぐっすり眠れて平熱に下がっていたけれど、学校をお休みして病院へ。空いていたので、あっという間に診察終了!私はその後、学校公開へ。理科の実験が楽しい~。

今年はなぜか「頻繁にあるわけではない」予定が、同じ日に2つも3つも重なった年。
例えば、朝登校する子供を見守るパトロール当番で、午前にテレビ会議で、午後に小学校の個人面談、とか。どれも数か月に1回とか1か月に1回とか半年に1回とかの頻度なのに。
でも、今日もそうだったけれど、重なって困った!ということは1度もなかったなぁ。

そんな今年ももうすぐおしまい。でもまだまだ今年中にやることはたくさん!

「屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方」 [本]

20151030.jpg目の前のことを片づけるのに必死になっていたら、ブログの更新がおぼつかなかった今年。毎日同じような日々でも毎日思うことはいろいろあるけれど、書き留めておかないと記憶からどんどんこぼれていって思考の輪郭すら時間の中に消えてしまう。

とりあえず、今年読んで心に残った本の話を。2冊あるのだけれど、そのうちの1冊が、「屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方」(ドミニック・ローホー著)。
図書館で、日経おとなのOFF12月号をパラパラとめくってみたら、ドミニック・ローホー氏の小さくて居心地のよさそうな部屋の写真に目が釘付け!(笑)
それで、著作の中から「屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方」を選んで読んでみたら、共感できることがたくさんありました。
家に求めるのは、精神と身体を休める巣のような心地よさだけれど、それは大きな家より小さな家の方がもたらしてくれる、とか。「孤独なしでは、自分だけのスペースを持たなければ、自分の心の奥底まで下りていくことはできない」とか。

そうそう、自分一人になって自分自身と向き合う時間とか、空間はとても大事。なにがあっても手放せないものだと思うし、家も小さく、モノも少ない方が身軽になれるし、そういうものを得たり管理したりするために費やす時間やお金があるなら私には他の使い道の方が魅力的に見える。

ということで、この本が自分にとって必要なモノは何かということをもう一度深く考えるきっかけになって、必要と思えるモノがさらに厳選され、それ以外のモノに対する執着心がなくなりました。それから、双子に、ほんの小さい空間でいいから専用のスペースと時間をもてるようにしてあげようという気持ちも強まったのでした。
断捨離も双子のためのスペース作りも少しずつ進めていかねば。

子どもの本[小5] [本]

20151207.jpg12月になってから風邪っぴきの双子。本当は4日にインフルエンザ予防接種の2回目を打たせたかったのに風邪で二人とも断念。翌週こそとおもったら、すっきりなおらず、さらに10日にはダイズの風邪が悪化して(というかまた新しく菌をもらって?)、学校をお休み。翌11日は学校に行けましたが、まだ病み上がりっぽいし、ソラマメも本調子ではなく、結局、今年はもう2回目は時期を完全に逃した感じなので、あきらめることにしました。とほほ。

さて、双子が読んだ本の記録。

夏休みが終わってから双子が読んでいたのはデルトラ・クエストのシリーズ。
デルトラ・クエストI,II,IIIとあって、全部で17巻あります。
これが終わってから、勇者ライと3つの扉の3巻、それからロンド国物語の4巻まで読んで、全然、先に進まない状態に。エミリー・ロッダばかりで飽きちゃったかも?

それで、12月になってから別のものを読むことにしました。とりあえず読み終わったのは、怪人二十面相 (江戸川乱歩)と探偵チームKZ事件ノート 消えた自転車は知っている(藤本 ひとみ原作)。
探偵チームKZ事件ノートは図書館で待ち人数が多くて、次々読めないので、また別のものも借りなくちゃ。
次は「オリンポスの神々と7人の英雄」のシリーズにしよう。

固型石鹸への回帰 [暮らし]

20151201.jpgこの数年いつも使っていた食器洗いのスポンジは某社のセルローススポンジ。その生産国が日本でなくなってしまったら、使い心地が変わってしまいました。それで他のセルローススポンジを1年以上かけていろいろ試したのだけれど、気に入ったのが見つからないまま。
結局、ミヨシの食器洗いせっけん(液体)をやめて、ミヨシの台所用せっけん固型に変え、スポンジからナイロンの浴用ボディタオルを裁断して小さくしたものに変えたら、ようやく気に入る使用感と洗い上がりになりました。

そして食器洗いのせっけんが液体から固型に変わったので、手を洗う石鹸も固型に変えてみました。
液体せっけんの入っている詰め替えボトルのポンプヘッド内の汚れが綺麗にできなくて気になっていたけれど、詰め替えボトル自体をなくすことで解決。

毎日毎日のことだから、ちょっとしたことでも改善されると気持ちよいです。

ヒヤシンス [日々のこと]

20151125.jpg急に空気が冷え込んで、昨日は冷たい雨が降る一日。ちょうどいいので、ベランダに水をザーッと流して、デッキブラシでゴシゴシゴシ。なんとなく汚れが気になっていた部分がすっきりして気持ちいい。
そして、今日も寒いから、そろそろエアコンの出番かなと思って、リビングの壁と天井をおそうじ。
なんとなく埃っぽかったのがすっきり。これでエアコンの風も気持ちよいはず。

本当は、明日までに集中してデスクワークをして仕上げないといけない仕事があるのだけれど、2時間とかそういうまとまった時間が全くとれなくて、なんとなくぐずぐずして現実逃避してしまった昨日と今日。
うーん、これではいけない。明日はなんとか時間をつくって腰を据えてやらねば。
でも、明日は久しぶりにいい天気なんだよなー、洗濯もたくさんしたいなーと思って、とりあえず夜のうちに座布団カバーを全部外して、お湯+酸素漂白剤+セフターE(生協の洗濯洗剤)に浸けてみました。またもや現実逃避です。(^^;;

写真はヒヤシンスの球根。ようやく空気が冷たくなってきたので、去年と同じくジャムの空き瓶と針金を組み合わせてヒヤシンスの水栽培を初めてみました。冬の楽しみの一つです。

工場見学 [日々のこと]

20151119b.jpg今週は双子のためのお弁当作りが2回。1回目は遠足で2回目は工場見学。家事の中で料理が一番嫌いだけれど、夜のキッチンに立って下ごしらえするのはあまり苦痛ではなくなってきたかも。慣れたのか、諦めの境地なのか。
そして、本日バスに乗って工場を見学してきた双子は、楽しく工場を見学し、土産も持ち帰ってきました。でも誰も食べないものとか不要なものがいくつか。こういうのって、要不要は子ども自身が判断できるから、持ち帰らないという選択肢があればいいのに。そういえば、小学生の私が日産の工場から持ち帰った土産も不要だったっけ。もったいないなぁ。

 [花のこと]

20151111.jpg去年川越大師から買ってきて、ダイズが育てている菊が今年も無事に花を咲かせました。夏に長野で挿し芽をして株が増え、花は小さくなったものの、花の数だけはたくさんあって、綺麗に咲いています。東京のルーフバルコニーだと夏に鉢の中の温度が上がりすぎてしまうので管理が大変なのだけれど、また来年も咲かせるのだとか。だったら、もうちょっと自分で世話してください>ダイズ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。